ペルー記


by mieko_0220
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アンタルヤからバスで10時間。

到着した町は洞窟の町ギョレメ。今回のメインのカッパドキアです!

a0137192_19525756.jpg

グランドキャニオンの様な壮大な風景。(グランドキャニオンに行ったことありませんが・・・)
a0137192_2004925.jpg
a0137192_2002873.jpg

洞窟になっていてすごい迫力。
a0137192_202786.jpg

もちろんホテルは洞窟ホテル。プールもあるし、丘の上にあるホテルで景色も最高。でもカッパドキアは標高が1000mあるので朝晩は肌寒いのでプールには入れず。
a0137192_19541998.jpg

a0137192_19545396.jpg


カッパドキアで、絶対にやる!と日本から楽しみにしていたことがあるのです。

♪気球に~の~て~♪
♪ど~こ~まで~ゆ~こ~♪
♪風に~の~て~♪
♪宇宙をは~る~か~♪
a0137192_208719.jpg


そうです。気球です。

朝まだ暗い4時に起き出発。気球を膨らませます。
a0137192_20105769.jpg

仕上げにでっかいガスバーナーで「ボー」とすれば気球の完成。乗船。そして出発。他の気球とぶつかり合いむゅぎゅむぎゅ。
a0137192_20171159.jpg
a0137192_20175885.jpg

a0137192_20181666.jpg

辺りを見渡すといっぱいの気球。壮大の景色の中に沢山のカラフルで可愛らしい気球にうっとり。
a0137192_20205552.jpg

むむむ???あれ?「阪急交通社」って。こんなところでお目にかかるとは。。。
a0137192_20304442.jpg

ガスバーナーを「ボー」して中の空気を温めると上へ上へ上昇。一気に他の気球よりも高~いところへ。
a0137192_20161841.jpg
a0137192_20235524.jpg

丘を越え谷を渡りカッパドキアを上から散策。
a0137192_209498.jpg

1時間ちょっと散策したら夢の世界終了。地上でぺったんこになっていく姿、悲しい気持ちになりましたが、最後気球から降りたら朝からみんなでシャンパンかけ&乾杯。
a0137192_20283899.jpg
a0137192_20291713.jpg

素敵なカッパドキア。
a0137192_20344845.jpg

[PR]
# by mieko_0220 | 2014-08-29 20:37 | 旅行
パムッカレからバスで4時間。到着したところは地中海の町アンタルヤへ!
a0137192_21404561.jpg

地中海を眺められるホテル。大きなプールもあって、しかもホテルはいつどこで何を食べても良い!オールインクルーシブ。メキシコ・カンクンの再来か!?
a0137192_2143234.jpg
a0137192_21413075.jpg

でも、手首に巻かれた腕輪が、だんだんお客様のはずが自分が養豚場の出荷されるまでの豚のように思えてくるのです。食事の時間になると一斉にレストランに流れ込み、肉やポテトやパスタを山盛り食らいついている大きな人達の姿と自分の食べっぷりを見ると、「これじゃあ出荷されねぇやい!」と安心するのでした。
a0137192_21435573.jpg

a0137192_21435367.jpg

チェックアウト時に腕輪をハサミで切られた瞬間の解放感。次なる地へと逃亡するのでした。
[PR]
# by mieko_0220 | 2014-08-26 22:38 | 旅行

夏旅行 en パムッカレ

2回目のトルコへ。

8年前ドイツからトルコを旅した時にはブルガリアでお金を盗られてしまいトルコではイスタンブールでブラブラすることしかできず。「いつか絶対にトルコにもう一度行ってやる~!」と、思っていたのです。

日本ーイスタンブール。イスタンブールはスキップしてそのまま国内線でデニズリへ。
a0137192_15201330.jpg

カラハユット村。いたるところに温泉が湧き出てる村。ホテルも温泉宿。
a0137192_15223525.jpg

a0137192_15201892.jpg
a0137192_15213368.jpg

この地の目的は・・・世界遺産のPamukkale(パムッカレ)
a0137192_153710100.jpg
a0137192_15225379.jpg

裸足になって水の中を歩く。
a0137192_15241196.jpg

a0137192_15241030.jpg

歩くのに疲れたらチャポンと入浴。暑い夏はオアシスみたい。しかも石灰の泥がヒンヤリ冷たくて気持ち良い。肌がツルツルになるらしい。
a0137192_152859100.jpg
a0137192_1529026.jpg
a0137192_15291958.jpg

a0137192_15325770.jpg

気づいたら夕暮れ。ワンちゃん達もパムッカレを堪能。
a0137192_15332281.jpg


次なる地は地中海を目指してアンタルヤへ。
a0137192_1543626.jpg

[PR]
# by mieko_0220 | 2014-08-24 15:43 | 旅行
21年度1次隊語学クラス「Clase 6」。
a0137192_1232532.jpg

その「Clase 6」の友の結婚式。みんな色んな国から帰国して「2年間お疲れ様~」って乾杯してから3年ぶりの再会。全く変わっていない友。友の晴れ姿に久しぶりの同期。とっても楽しいひと時でした。
a0137192_1282142.jpg

a0137192_12234622.jpg
a0137192_1291157.jpg



そして京都へ。ちょうど台風11号が近畿にやってきた時と重なり、家でグータラ過ごす。嵐山の濁流。一部氾濫。自然の力はすごいです。
a0137192_1212759.jpg

父ちゃんお気に入りの新しい座椅子。父ちゃんは愛犬てんてんに「座ってはダメ!」としつけているのに、父ちゃんがいないすきに魔女はシラ~とした顔でお菓子を片手に「てんてんおいで。」と座椅子に寝かしつけようとする。恐ろしい。
a0137192_1210512.jpg


京都に帰ったらいつも行くお店へ。好きなもんを好きなだけ食べる。シマアジ、真鯛、ホタテやサザエのお造りに、のどぐろの塩焼き、鴨蒸し、ハモの天麩羅、巻きずし、、、、最後はやっぱりスッポン鍋。とっても美味しかったです。
a0137192_12124262.jpg
a0137192_12124312.jpg

運転手の魔女はノンアルコールのビールを飲み、「酔っぱらったわ~」としょーもない事を言ってました。

教員バスケの全国大会が今年は和歌山であったので1泊2日で観戦。福岡ー京都ー和歌山ー東京。8月ももう半ば。ラストスパートです。
[PR]
# by mieko_0220 | 2014-08-14 12:23 | 旅行

夏旅行!en 八丈島

夏休みが始まりました。

まずは八丈島へご挨拶。
a0137192_16135395.jpg

いつもみんなが出迎えてくれてポッと嬉しい気持ちに。でも、みんなで「もうすぐ勢力の増した台風上陸だ!」とひどい事を言ってたらしいですが。。。お天気に恵まれ上陸。

お祭り女と呼ばれる私は、八丈島のお祭りには必ず現れます!と宣言していた通り、運よく夏まつり最終日に間に合いました。しかも青山テルマのライブも観れ満足。
a0137192_16364010.jpg

夏の風物詩。お蕎麦屋さんの自家製あずきのガリガリしないふっわふわのかき氷。これが350円。夏が楽しみになる一品。
a0137192_16181573.jpg

喫茶店での明日葉あずきのオシャレかき氷。イチゴミルクもなかなかうまい。
a0137192_16173064.jpg

a0137192_16202154.jpg


夏と言えば海。青い空の下で海をバックにスイカを食べる。畑のスイカ冷やして海で食べるスイカ。食べこぼしても気にしなくていいのが一番のメリット。そして一人で半分を食べる贅沢食いをすればお腹はタポタポ。いいな~人も多くない八丈島。
a0137192_162215100.jpg
a0137192_16223598.jpg


日中の魚釣りは太陽の力で干乾びそうになるので、夜釣りに行きました!いつかの夜釣りでギンガメアジやメアジを釣ったあの日の再現を夢見て!!!と思ったら釣れるのはゴマサバばかり・・・今回は釣りで良い思い出はできず。

バスケとバレーボールばかりした約1週間の八丈島。最後の夜にはいつものようにBBQをしてくれたお友達。そして帰る時には空港にお見送りに来てくれ「あばよ~い」と、お土産まで持たせてくれました。

心が癒されました。「また帰ってきます!」と台風上陸を宣言して八丈をあとにしました。
[PR]
# by mieko_0220 | 2014-08-03 16:36 | 八丈島