ペルー記


by mieko_0220
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2013年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

太陽の陽射しの強いアンダルシアでは町は白い色にお花がいっぱい。歩いてるだけで楽しくなってくる街並み(グラナダ・コルドバ)
a0137192_11565471.jpg

a0137192_115727100.jpg

a0137192_11584644.jpg

a0137192_1201671.jpg

a0137192_11594335.jpg

色んなところにお水が溢れている町。水分補給のほかに、首筋、腕や足を濡らしながら町を散歩。お年寄りから子どもまでみんなの憩いの場。暑くてクラクラな体にこの水がホントに有難い。(グラナダ・コルドバ)
a0137192_1158842.jpg

a0137192_11553841.jpg

a0137192_11555565.jpg

朝10時になってもまだ働き出さない人々は広場のベンチに座ってのんびりお喋り。グラナダの日中気温40℃以上。灼熱の太陽が照りつけて肌がヒリヒリ。日中はみんなお店も閉めてシエスタ。
a0137192_1255091.jpg
a0137192_1153433.jpg

a0137192_1263734.jpg

イスラム文化が残るグラナダにはアラブ人街があり、香辛料やアロマティーの香りが漂う。色んな種類のお茶があり、自分の好きな葉やドライフルーツをブレンドして自分好みにできる。
a0137192_12122896.jpg

a0137192_12115056.jpg

a0137192_12442295.jpg

a0137192_12132532.jpg

a0137192_1215437.jpg


ちょっとグラナダの町をお散歩したら午後は遠かったアルハンブラ宮殿へ出発。14:00~20:00の予約だったので、入場料2回分払ってるんやから!と14:00に入場。そして19:00~の宮殿内を見学し、20:00まで居座ってやりました。暑くて干乾びそうになりましたが、広~い敷地内をのんびり歩き、ベンチで昼寝もして、満喫。
a0137192_12473297.jpg

a0137192_12263846.jpg
a0137192_12233894.jpg

a0137192_12231188.jpg

a0137192_12241427.jpg

a0137192_12262310.jpg
a0137192_12235015.jpg

a0137192_12314544.jpg

アルハンブラから眺めるグラナダの町はアンダルシアだな~って感じ。
a0137192_12283058.jpg

そして、いよいよ19:00、宮殿内へ。完全予約制なのに長蛇の列。グラナダの夕暮れは21:30くらいなのでまだまだ明るくて暑い。
a0137192_12303025.jpg

門をくぐって中へ進むとイスラム芸術が広がり。あまりの細かさにうっとり。
a0137192_12344829.jpg

a0137192_12342959.jpg

a0137192_12353365.jpg
a0137192_12351275.jpg

a0137192_12361218.jpg

a0137192_12355070.jpg

ライオンの間。マーライオンの元祖のような可愛らしいライオンが12頭。そこにある部屋は王族のプライベートの部屋だったらしく、素晴らしい装飾。
a0137192_1236563.jpg

a0137192_12363456.jpg

クタクタで大満足で帰り、次は22:30~のフラメンコへ。
[PR]
by mieko_0220 | 2013-08-31 12:48 | 旅行
スペインに行くならアンダルシアにも行ってみたい!白い家がいっぱいのイメージを膨らませてバルセロナから国内線でブイ~ンと。

バルセロナを7:40発の飛行機なので、余裕を持ってホテルをまだ暗い5:30に出発。ところが、地下鉄の乗り換えを間違えるハプニングに踏まえ、早朝ということで電車の接続が悪く、出発の30分前に空港に到着。

走ってチェックインカウンターに行くと「閉まった。」と。20分前に閉まるということで、「2分前や!」とカウンターで暴れましたが、乗り遅れ・・・チケットの変更をしに別のカウンターへ行くと「次は20:00発だ。明日の便なら無料で変更してあげるよ。」と。

「アルハンブラ宮殿の19:00~の入場チケットをネット購入して、変更できひんから、何としても今日中、そして19:00までにグラナダに到着する便に乗りたい。夕方の便を探してくれ。」と、チケットカウンターの兄ちゃんに吠え、兄ちゃん戸惑う。「違う航空会社に当たれ。」とアドバイスをされ、走って違う航空会社へ。

そこでも突き返され、またお兄さんの所に、「いい案を思いついた!」と駆け寄る。「マドリッド経由でグラナダへ行く便に乗る。」と。その案も良いところまで行ったけど、結局、満席の為ボツ。

「セニョリータ、夕方の便なら値段は高いけど、空席があり、ネットからなら購入できる。」と兄ちゃん。「早く言ってよ!値段なんて関係ない!」と八つ当たりした上に大口叩き、ネットを探して予約。

クタクタになってチェックアウトしたホテルに戻り、事情を説明し、朝ごはんを食べさせてもらい、夕方までバルセロナの町を観光しながら待機。

いよいよアンダルシアのグラナダへ。飛行機遅延。
a0137192_10471836.jpg

そして到着時間遅れ、ななななんと・・・アルハンブラ宮殿に息を切らして行ったものの、到着したのは閉館時間20時の2分前。
a0137192_10403093.jpg

そこでもどうにかチケットを変更してもらおうと「飛行機が遅れた。」と抗議。「飛行機が遅れたという証明書を航空会社に発行してもらって来て。」と。「今から空港に戻れと?無理じゃ~。」とここでも姉ちゃんに吠え、断念して、もう一度予約をやり直す。

あとでガイドブックをよく見ると、「バルセロナの市内バスで空港まで30分。5:30から5分間隔運行。」と。

そんな悪夢の1日。絶対今日の占いうお座が最下位やったな。と思いながら、訪問する予定だったアルハンブラ宮殿の夜景を見に小高い丘へ。グラナダの町の夜景とアルハンブラ宮殿のキレイさと、たまたまの満月を見て、心も体も復活。
a0137192_10411969.jpg

a0137192_1042258.jpg

ホテルへの帰り道、「月を見せて1ユーロ」こんな道端商売を見て、「ハプニング失くして旅の意味なし!」と、元気モリモリになったのでした。
a0137192_10424538.jpg

[PR]
by mieko_0220 | 2013-08-30 10:46 | 旅行
マドリッドでのレアル・マドリッドの試合観戦。試合会場はレアルのホームのサンチアゴ・ベルナベウスタジアム。夕方チケットを買いに行くと、沢山の胡散臭いミッキーとミニーがお出迎え。試合開始時間22:30
a0137192_914497.jpg

a0137192_9145990.jpg

リーガ・エスパニョールではなく、ベルナベウ杯でカタールのチームアル・サッドとの一戦。この一戦は特別な試合で、試合前から新聞もニュースもこの試合で持ち切り。なぜかというと、アル・サッドには元スペイン代表、元レアルにいたラウル・ゴンザレスがいるから。
a0137192_9145033.jpg

今は背番号7はレアルのエース、クリスティアーノ・ロナウドのものですが、この日はみんな背番号7Raulを身に付け会場へ。
a0137192_9153333.jpg

a0137192_9152018.jpg

試合前からスクリーンにはラウルの歴史が映し出され、スタジアムにはラウルコールが響き、ラウルの為のセレモニーも行われ、会場はラウル色。
a0137192_919188.jpg

a0137192_9164526.jpg

a0137192_916798.jpg

a0137192_9162860.jpg

a0137192_9173237.jpg

a0137192_9171075.jpg

a0137192_9184457.jpg

ラウルは前半レアルで、後半はアル・サッドでプレー。前半終了時にラウルがロナウドに7番のユニフォームを返す場面は感動的。
a0137192_9181221.jpg

a0137192_9175670.jpg

試合は5-0でレアルの勝利。ラウルは前半に1点取り、最初から最後まで盛り上げてくれました。
a0137192_9194934.jpg

翌朝の新聞は5ページにわたりラウルが登場。「Raúl subió al cielo」(ラウルは空にのぼった) なんだか縁起が悪いような気もしますが・・・ラウルは伝説のプレーヤー。こんな素敵な一戦を観戦できて幸せでした。
a0137192_923264.jpg

a0137192_9222759.jpg

[PR]
by mieko_0220 | 2013-08-30 09:27 | 旅行
スペインと言えば・・・サッカー。

ペルーでの生活の中で、一番の楽しみが毎週2日リーガエスパーニョーラのバルサの試合とレアルの試合。

「バルサやレアルのチームはこの先もずっと存在するけど、このメンバーでの試合が観れるのは今しかない!」と、スペイン旅行を決定。

日程もバルサの開幕戦に合わせ、そしてレアルのアル・サッドとの試合の時にはマドリッドに行くように計画。

で、念願のバルサの開幕試合。もちろんユニフォームを購入。オフィシャルショップで誰のユニフォームにするか悩む。とりあえずサイズ選びから。

Mサイズを手に取り悩んでいたら店員さんが、「誰の?」と。

「自分用」と答えると、

「セニョリータの?」と笑われ、「あなたのはこれよ。」とXSのユニフォームを渡される。

「え~!?ピチピチやん!ダボっと着たい!」と言うと、

「NO!」と店員さん。

とりあえず着るだけ着てみると、思った通りの手が上がらないほどのピチピチ度。大笑いして「NO!」と言うと、「Sí!この体のラインが出るのがとってもいいよ。」と褒めちぎる。
a0137192_15563838.jpg

結局、Mサイズを購入。店員さんは「XSの方が良かった」と最後まで不満そうでした。

さて、張り切って試合会場へ。やっぱり人気はメッシのよう。子供も大人もお祭り状態。
a0137192_162459.jpg
a0137192_163269.jpg

a0137192_1632143.jpg

a0137192_16133865.jpg

ゲートを抜けてピッチが目の前に広がった瞬間、すごい歓声とあまりの人の数に大興奮。
a0137192_1611322.jpg

プジョールか、イニエスタか、シャビか、それとも定番のメッシか誰のユニフォームにするか悩んだ結果・・・やっぱりここはこの人でしょ!ということで今季からバルサに加入したネイマール!
a0137192_164201.jpg

ネイマールもイニエスタも後半から途中出場。
a0137192_1665533.jpg

a0137192_1664144.jpg

アップを始めた瞬間、大歓声。
a0137192_1681934.jpg

ネイマールの交代の瞬間はフラッシュの嵐。そしてイニエスタとこの日2点を取ったメッシが交代の瞬間はスタンディングオベーションにメッシコール。さすがバルサのスター。
a0137192_16122678.jpg

a0137192_16114788.jpg

試合は7-0でバルサの圧勝。
a0137192_16151545.jpg

小さな子からお年寄りまで試合会場でサッカー観戦する人々。サッカーはスペインの文化。
a0137192_16175372.jpg

カンプ・ノウスタジアムでの観戦を終え、次はレアルのサンティアゴ・ベルナベウスタジアムへ。
a0137192_16215513.jpg

[PR]
by mieko_0220 | 2013-08-29 16:26 | 旅行
今まで色んな国に行き、沢山の建築物を見てきてインドのタージ・マハルが一番だと思っていました。ところがごっこい、それを超える建築物が現れました。

その名も、「Basílica de la Sagrada Família (サグラダ・ファミリア聖堂)」 ガウディ作
a0137192_1502382.jpg

正面の「生誕のファザード」一人一人違う表情に見惚れてしまう石の彫刻。
a0137192_1505172.jpg

色んなところにある細かい石の彫刻。
a0137192_1591218.jpg

a0137192_1510563.jpg

a0137192_15133761.jpg
a0137192_15141062.jpg

外観もすごいけど、中に入るとステンドグラスから入ってくる光と柱や彫刻、、、全部全部が細かくて、ポカ~ンとなってしまう。
a0137192_1541139.jpg
a0137192_1543283.jpg
a0137192_154473.jpg
a0137192_154584.jpg
a0137192_1551399.jpg
a0137192_1554087.jpg
a0137192_1555169.jpg

塔の中を登っていくと、バルセロナの町が一望できる。緑の木の直線状に見えるドメネクのサン・パウ病院。そして足がすくむほどの高さ。
a0137192_156715.jpg
a0137192_1571250.jpg
a0137192_1564547.jpg

a0137192_15142331.jpg

くるくるカタツムリの様な階段。
a0137192_15172021.jpg
a0137192_15171242.jpg
a0137192_15174382.jpg

まだ建築途中のサグラダ・ファミリア。1882年の着工から131年ほぼ出来上がり~と思っていたら、完成予想模型を見てビックリ!まだ10本ほど塔が未完成。こりゃ~長生きせなあかんわ!と思ったのでした。
a0137192_1519691.jpg

[PR]
by mieko_0220 | 2013-08-29 15:24 | 旅行
サッカーの国、フラメンコの国、ワインの国、ガウディ建築の国、情熱の国、熱いスペインへ行ってきました!

日本からフランクフルトを経由しバルセロナへ。
a0137192_1344899.jpg

バルセロナの町はガウディとドメネクの建築物が町に溢れていて、おとぎ話の世界にいるような感覚になるバルセロナの街並み。町中に世界遺産がいっぱい。
a0137192_13461529.jpg

カサ・ミラ ガウディ作
a0137192_1410644.jpg

カサ・バトリョ ガウディ作
a0137192_13485121.jpg

カサ・ビセンス。世界遺産なのにポツンと誰も警備せず。
a0137192_13461575.jpg

サン・パウ病院 ドメネク作 サグラダ・ファミリアの直線状にあるドメネクが作った病院。現在も利用されている病院が世界遺産。
a0137192_13552966.jpg
a0137192_1355419.jpg

グエル公園 ガウディ作 カラフルでメルヘンチックな公園。
a0137192_1422339.jpg

a0137192_13581335.jpg

a0137192_13593956.jpg

a0137192_13591765.jpg

世界中からの集まる人々。憩いのベンチには太陽を遮るものなどなく、太陽に照りつけられながらも憩い?のベンチに座って優雅な雰囲気を写真に納めようと、みんな汗をぬぐいながら必死。
a0137192_1403439.jpg

a0137192_1421813.jpg


カタルーニャ音楽堂 ドメネク作 
a0137192_1452155.jpg

「世界遺産のこの場所で是非音楽鑑賞をしたい!」と思っていたら、ちょうどフラメンコのステージが行われており、「こんな素敵な場所でフラメンコが観れるなんて~」と願ったり叶ったり。即チケット購入。

ホールの中は、さすがガウディ作品。細かいところまでこだわった会場にうっとり。お客さんはみんなドレスアップ。気分はセレブ。
a0137192_14231816.jpg

a0137192_1455378.jpg

もちろんフラメンコも一流。音楽も歌もすごいし、ステップなんか裸眼で見てるのに足がぶれてる。口がポッカ~ンとなるほど見惚れてしまうほど。最後はスタンディングオベーションで拍手喝采。夢の世界。
a0137192_148592.jpg

a0137192_1491915.jpg

a0137192_149345.jpg


バルセロナは見所いっぱいで観光客もいっぱい。話しかけられる言葉はスペイン語よりも英語の観光都市。
a0137192_14151070.jpg

[PR]
by mieko_0220 | 2013-08-29 14:24 | 旅行
8月中旬。なんだか夏休みが終わりに近づいて寂しく感じる今日この頃。

八丈島に来て初の花火大会。人が多いと言っても、場所取りなんてしなくても、近くで座ってビールを飲みながら堤防から打ち上げられる花火を「たーまやー!」とのんびり見られるのが八丈島。キレイな花火にうっとり。
a0137192_9293772.jpg
a0137192_9153420.jpg
a0137192_915548.jpg


そしてお盆ということで船に乗って釣りへ行ってきました。
a0137192_930033.jpg

6月に行った時はヒメダイ(オゴ・コマス)狙いで、途中で船酔いに襲われて4回も吐きまくり、グタ~っと寝る始末。でも、その時は船長が代わりにクーラーボックスをいっぱいに釣ってくれてました。

今回は八丈島の尾長鯛に次ぐ高級魚、アオダイ(アオゼ)狙い。釣りあげた時の鮮やかな青さが美しい魚。前回のように船酔いでゲロゲロにはならないぞ!と気合いを入れて朝6時半出発!

途中までは順調にアオゼも入れ食い状態で楽しんでいたのですが、じわじわと船酔いが・・・それでも我慢して頑張って釣っていましたが、ダウン。「吐くと気分よくなるよ~」とは言われるのですが、少ししたらまたダウン。

クーラーボックスを7分目まで釣った頃、とうとう横になり、また船長さんがクーラーボックスをいっぱいにしててくれました。

釣りの終盤、大物に出会いました。イタチザメ、人喰い鮫です。釣った魚を追いかけてきて、慌てて魚を引きあげて間一髪。体調約2m、100kg以上はあるとのこと。一瞬ジョーズの世界に船酔いも忘れました。

帰りの船、船酔いに耐えながら横になっていると、波が入ってきてビチャビチャに。それでも起き上がれずにまるで水揚げされた魚状態。そんな感じで釣り終了。今回もみんな大漁でした。
a0137192_9194490.jpg


私のクーラボックスには34匹のアオゼと2匹のアカイサキ。こりゃ~大漁。
a0137192_921596.jpg

[PR]
by mieko_0220 | 2013-08-13 09:24 | 八丈島