ペルー記


by mieko_0220
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

12月頃、椎の実をバケツに植えました。放置してたらコケが生えてきたので処分をしようとしてたら・・・あらビックリ!夜中に「大きくな~れ大きくな~れ」って唱えたわけでもないのですが、3月下旬にポコっと芽が出てきて、こんなに成長しました。
a0137192_16312242.jpg

1つだけ掘り起こして、ももカッパに植えてみました。はなカッパには菊池レモン。
a0137192_1632183.jpg

パッションも受粉したらどんどんどんどん実が大きくなり一気に卵くらいに。
a0137192_16331282.jpg


我が家の畑もだんだん夏野菜で賑やかに。小さな花壇もできてました。
a0137192_16462571.jpg


メロンはウリハムシと闘いながらもグングン成長中。オクラさんの成長は遅れていますが、元気に頑張ってます。トマト、ナス、ピーマンは太陽に向かって元気モリモリ。スイカ君はお隣さんと追い抜け追い越せと競争中。ゴーヤさんと食用ウリさんは専用のカーテンを用意してもらいご機嫌。シソは日陰でお刺身のお供になるために葉っぱを増量中。
a0137192_16365816.jpg

a0137192_16381878.jpg

a0137192_16383760.jpg

a0137192_1639486.jpg

a0137192_16372418.jpg

a0137192_16453245.jpg

夏野菜達は太陽とお水と汗と愛情をたっぷり注がれて元気に育ってます。私は何もしていませんが、ジロッと眺めてはニヤッと収穫を待ってシメシメとニヤついています。

唯一、私がお世話をしてる室内の菊池レモン。順調に枝を伸ばしております。
a0137192_16473087.jpg

[PR]
by mieko_0220 | 2013-05-23 16:51
暖かくなり、半袖気分になってきた八丈島は春真っ只中。

ブラブラお散歩していると、あびの実や桑の実が真っ赤に熟してて、ついついパクリと口の中に。そんな季節がやってきました。

今年もジャム作りの季節です。木イチゴの様なあびの実を早朝に摘みに行き、欲張って袋いっぱいに。
a0137192_163119100.jpg

a0137192_16313422.jpg

キレイにキレイに洗って、土鍋いっぱいに。40%の砂糖でコトコト1時間ほど煮て、仕上げに八丈産の美味しい菊池レモンをギュッと絞って出来上がり。
a0137192_16314747.jpg

a0137192_163298.jpg

いっぱいできました。瓶詰めにして、1個ぼったくりの500円で販売。ということはしませんが、ヨーグルトにかけて頬っぺたが落っこちそうに・・・。ほんのりレモンの酸味とツブツブの食感が良い感じです。
a0137192_16321927.jpg

お次は、桑の実。これがなかなかの曲者なんです。我が家にも、立派な実をたわわに付ける桑の木があります。

桑の葉と言えば、蚕さんの大好物ということもあり、毛虫がいっぱいいるんです。そしてあびの実のように低い場所には無く、木になるので手が届かないのです。なので、脚立や車によじ登って毛虫や蚊、恐怖心と闘いながら採ります。
a0137192_16352640.jpg
a0137192_16505891.jpg

桑の実は赤黒く熟さないと硬くてジャムにはできないので、黒っぽく熟したものだけを摘み、冷蔵庫に入れて貯めていきます。約1週間、毎日ちょっとずつ蓄えて、やっとジャム作り開始。
a0137192_16365843.jpg

しか~し、桑の実には軸があるため、その軸を一つ一つ包丁を使って取り除きます。そしてや~っと煮込み作業へ。35%の砂糖でコトコト煮て、これもまた菊池レモンをギュッと絞って出来上がり。これは1個ぼったくりの550円で販売はしませんが、ヨーグルトにかけて食べると、頬っぺが落ちそうに・・・。甘くてとろ~り宝石のように光沢のある紫色が良い感じです。
a0137192_16413173.jpg

スローフードと共にのんびりスローライフを満喫。釣りライフも満喫。島ライフはもちろん・・・満喫。
a0137192_16462421.jpg

[PR]
by mieko_0220 | 2013-05-15 16:55 | 八丈島

GWだよ!全員集合!

GWということで、久しぶりに家族みんなで大集合。

ということで、八丈島から実家までキンメダイを土産に脇に抱えて帰省。途中、発泡スチロールから中の汁が漏れ出すハプニングがありましたが、キンメダイには脱走されず、無事到着。

「家の中では汚れるから。」と、庭で解体。監督に愛犬テンテン、私が捌き、魔女はホースで水担当。が、魔女は途中から何を考えているのか、庭の草花に水やりを始める。犬よりも役立たずです。
a0137192_1534827.jpg

一番上の兄やんに会うのは・・・「ん?いつや?え~7年か?8年か?10年か?」ってくらい会ってません。ペルーに行く時も、でっかいスーツケースが郵送され「これでペルーで死んだとしても恨まれへんやろ。」と言われました。

そして久しぶりに現れたその姿を見て、「あちゃ~」と。言うこともデカイけど、とにかく横にデカイ!=デブ。写真をアップで撮る気にもなれず。載せる気にもなれず。

「お残しは許しません!」「ちょっと、それちょーだい!」「目玉焼きは卵二つや!」「アルコールなら何でもいい!」「腹減った!」「ラーメンは汁まで飲まな食べる資格なし!」他にもデブ要素いっぱいの名言が飛び交いました。

真ん中の兄やんは父ちゃんになってました。泣きだす赤ん坊を自信満々に抱くものの泣きやまず。。。兄やんの父ちゃん(=じぃじ)が抱いて、我が家のアイドル犬テンテンと同じ口調で話すと・・・あらまぁ!泣きやむ。犬と赤ん坊だけには気に入られる我が家のスーパーじぃじ。
a0137192_15332812.jpg

初日はお家でお食事。本日は心花(こはな)ちゃんのお食い初め。兄やんが赤飯の小豆を口にチョンチョンと付けて終了。
a0137192_1537046.jpg

集合写真。「ハイチーズ!」とシャッターを押すと、お喋りな魔女は写真撮影の時まで喋りたがる。
a0137192_15463279.jpg

「じゃあセルフタイマーで。カシャッと音がするまで喋らず動かずや!」と言ったら撮れました!が、主役の心花ちゃんがよそ見。老人と赤ん坊のコラボはなかなか難しいです。
a0137192_1544672.jpg

主役の心花ちゃんを寝かしつけ、第2飲み会。父ちゃん、魔女、私は早々と床へ。4人で夜中の3時まで宴会が続いたとさ。

翌日は京都の町を物色しにお出かけ。

最近できた「八百一」へ。屋上に野菜畑があり、トマトは水耕栽培。アイディアスーパー。
a0137192_1541298.jpg

a0137192_1542194.jpg


夜は、みんなでお食事にも行きました。

「白ご飯ください。」と言ったら、店員さんが白ワインと勘違い。栓を開けてガッツリ1本持って来てくれたので関西人の我々は「ちょうど白ワイン頼もうとしてたんやった。」と飲む事に。

体調が万全ではなく温かいお茶を飲んでいた魔女は卑しく一番に手を出す。この後、魔女は体調を崩し、お食事会を途中退席して一人タクシーで帰って行きました。
a0137192_15315022.jpg

パートナーの魔女が退席しても失速しない父ちゃん。初めに注文した焼き筍が終わりの方で出てきて、店員さんに「いや~筍を山に掘りに行ってるんかと思ったわ~」と、一発かましてました。みんな「え~!“関西人あるある”そのまんまやん!」と大爆笑。

母ちゃん以外、美味しい京料理やスッポンで元気モリモリになりました。
a0137192_1533244.jpg

そして、今回も行ってきました!アミューズメントカジノバーへ。そして今回もまた父ちゃんはビリヤードを指導。
a0137192_167489.jpg

帰りの車内11時。父ちゃん「腹減ったな~。ラーメン食いたいな~。」食べませんでしたが、「子も子なら親も親だな。」と、心の中で呟いてしまいました。

翌日、魔女は元気に復活し、愛犬テンテンがヤキモチ妬く中、孫と庭で日向ごっこ。
a0137192_16115964.jpg

心花ちゃんは子どもの日のプレゼントにじぃじに買ってもらった服を着せられ、思い出の椅子に座らされ、モデルパフォーマンス。周りの大人はこの姿をみてうっとり。そしてパシャリ。この数日間チップ入れでも作っていれば、グリーン車で帰れるほどにはなったことでしょう。
a0137192_16185559.jpg

こうして、数年ぶりの我家の大集会が終わり、それぞれの住処へと帰っていき、愛犬テンテンは穏やかで、アイドルの日々を取り戻したのでした。
a0137192_1623557.jpg

a0137192_16235051.jpg

[PR]
by mieko_0220 | 2013-05-08 16:31 | 旅行