ペルー記


by mieko_0220
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2012年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

メキシコシティ観光

メキシコ人の憩いの場。その上、世界遺産のソチミルコ(水路)へ。
a0137192_13414321.jpg

大勢で乗って船の上でお酒を飲んで食べて、バーベキューをしたりドンチャン騒ぎをするのがソチミルコでの楽しみ方のようです。音楽を奏でる船や、食べ物を売る船もあります。何もないのは淋しいのでビールを飲んだら最後に通常の5倍ほどの値段を請求され、ブチ切れ値切りました。
a0137192_13433030.jpg

a0137192_1345083.jpg

メキシコと言えば「タコス」。おっちゃん達は陽気で、屋台では注文したら数秒で出てきます。チップを要求するトレイがちゃっかりしています。
a0137192_13461141.jpg

a0137192_13473026.jpg

a0137192_1349719.jpg

路上で微動だにせずパフォーマンスする白男にチップを置くとロボットのように動いて記念撮影をしてくれました。
a0137192_13514553.jpg

a0137192_13545514.jpg

プロレス発祥の地でルチャ・リブレを観たい!!!という夢をメキシコシティ最後の夜に叶えました。想像以上の面白さに最前列でお腹を抱えて笑い、叫び、TVに映り、最高でした。。日本人レスラーも、「せんせい」と言う名前で闘っていました。
a0137192_13554122.jpg

[PR]
by mieko_0220 | 2012-08-29 14:05 | 旅行
魔女とお別れし娘はメキシコ旅行を続行。

その日、オリンピックサッカー決勝戦、メキシコvsブラジルがあり、見事メキシコが金メダルを獲得したのです!!!みんな独立記念塔に集まり、町中お祭り状態です。
a0137192_1385970.jpg

a0137192_1310078.jpg

独立記念塔に行くまでに警察官による荷物検査があます。警察官にもムースが発射され、目の前が真っ白になっても寡黙に拭い、みんなの安全を守るため、働くのです。
a0137192_13183692.jpg

a0137192_13134287.jpg

キレイなお姉さんも大はしゃぎ。
a0137192_13143282.jpg

大きなお尻のおば様達も独立記念塔へ急ぎます。
a0137192_13164051.jpg

ワンちゃんもユニフォームを着てポーズをとります。
a0137192_13153630.jpg

プロレスラーも大喜び。「写真を撮らせて~」ってお願いすると、快くOKしてくれる優しいプロレスラーさん達。
a0137192_13205137.jpg

車も普通に運転はしません。
a0137192_1321278.jpg

a0137192_13213643.jpg

グッズ売りのおばちゃん、まつ毛がメキシコカラー。わかりにくいけど、、、何でも売れるんです!
a0137192_13224836.jpg

お腹ポンポコリンのおじちゃん。汗の掻き過ぎで消えかけていたけど、胸には「我々の誇り!」って。熱すぎです!
a0137192_13234338.jpg

カップルさんもお揃いのお髭ペアルック。
a0137192_13293966.jpg

マスクマンもわかりにくいですが、金メダルに興奮の様子。でも、カメラにインタビューを求められ、喋れず?聞き取れず?困ってました。
a0137192_1336422.jpg

a0137192_13261164.jpg

チャリンコマンもご機嫌よくポーズを撮ってくれました。
a0137192_13322785.jpg

初めは「ムースが降ってきた~!」って大騒ぎしてたのに・・・だんだんメキシコ人パワーに押されて・・・エスカレートして、こんなになっちゃいました!
a0137192_21214994.jpg

a0137192_2122517.jpg

a0137192_2123172.jpg

サッカー大国のメキシコ。そのオリンピック金メダル獲得という歴史的な瞬間にメキシコ人と一緒になって喜べて最高の気分でした!「VIVA MEXICO!」と叫びまくった一日でした。

a0137192_13291241.jpg

[PR]
by mieko_0220 | 2012-08-27 13:40 | 旅行
メキシコシティへ帰ってきました!夜はマリアッチを聞きながらのお食事!なかなか始まらないマリアッチに「何時に始まるん?」と聞くと「あと数分で。」と店員さん。それでも始まらないからもう一回聞くと「あと20分くらい。」と。もちろんそれでも始まらず、結局帰る間際に始まったのでした。さすがメキシコ!
a0137192_7431154.jpg

魔女のメキシコ最終日。テオティワカンへ!朝から雨。テンションだだ下がりの魔女は河童状態。
a0137192_857087.jpg

バスで1時間。石造と同じポーズをするハニカミ魔女。
a0137192_8593864.jpg

ホテルの人に「メキシコシティでは雨が降っていてもテオティワカンは晴れてて暑い。」と言われたので薄着で行くと、あまりの寒さにブツブツ文句を言う魔女。前を歩く大きなメキシコ人を見て、「負けられない!」とも言ってました。何の勝負かよくわかりませんが戦う気満々の魔女。
a0137192_93145.jpg

a0137192_972545.jpg

ピラミッド発見。「うわ~」と感動の魔女。次の一言は「登らんでいいわ。」と弱気発言。とりあえずエネルギー補充する魔女。ワンちゃんにおすそ分けしたら2匹のワンちゃん追いかけられることになり「シッシッ」と魔女は必死に追い払っていました。
a0137192_942940.jpg
a0137192_9175886.jpg

a0137192_9324361.jpg

いざピラミッド登頂。魔女は手すりをしっかり握りながら登ります。「落ちたら死ぬ。」、「あんな大きな人でも登ってるんやし。」と何度も念じながら。
a0137192_9502699.jpg
a0137192_9395493.jpg

あまりの遅さにイライラしていると魔女は「心拍数を上げないように登ってるんよ。」と。その発言にイライラが倍増するのでした。
a0137192_1014138.jpg

ついに頂上へ!こんなにイラッとさせるどや顔を見たのは初めてです。「登ってみたら普通やな。」と余裕の発言をする魔女。
a0137192_9525945.jpg

a0137192_956857.jpg

一応記念撮影をしておきました。
a0137192_9583475.jpg

登るってことは下りないといけないってことで、魔女はビビリまくり。「魔女の後ろに渋滞あり!」
a0137192_1004633.jpg

a0137192_1012674.jpg

a0137192_1015831.jpg

a0137192_10172051.jpg

パレンケ遺跡とは違い、テオティワカンではしっかり2つのピラミッドを登り観光を果たした魔女。「やっぱり太陽が照り付けてるよりも雨の方がいいな。」と最後はご機嫌の魔女でした。
a0137192_11181783.jpg

市内に戻ってからフリーダ・カーロ博物館へ。「閉館まで時間がない。」と急いでいるにもかかわらず、いきなり「トイレ行きたい。」と魔女。「我慢し!」と言っても「無理。」という赤ちゃん返り。「ドンデ エスタ バーニョ?(トイレはどこですか?)」を「ドコデスカ バーニャ?」と勘違いしてる魔女。「ま、どうでもいいわ。」と思い、商店に一人で送り出すと、やっぱり魔女は奇跡を起こしてトイレに行って「グラシアス(ありがとう)」を「グラッシャース!」と言って帰ってくるのです。

博物館にはギリギリ見学できたのですが、結局お土産ショップは閉まっており、欲しかったポストカードが買えず。フリーダ・カーロを知らず、スペイン語も英語の説明も読めず、見学は一瞬の魔女はお庭でブラブラ。娘はフリーダ・カーロの絵を見学して元気になったのでした。
a0137192_10425313.jpg

a0137192_10412535.jpg

魔女がメキシコ最後の晩餐会で選んだ食事は・・・焼肉。1回目に韓国料理を食べに行った時に隣の人達が焼肉を食べているのを見て「あれ、うまそうやな~」としきりに言ってた魔女。念願の焼肉です。
a0137192_10434973.jpg

翌朝4時起床。魔女は一人、サンフランシスコでちゃんと乗換えができるのか不安な面持ち、娘に「大丈夫やって~英語の勉強したんやから!」と見送られ10日間のメキシコ旅行を終えた魔女。最後に放った言葉は「もう中南米はいいわ!来年はスペインに行こう!」と、「これが最後の旅行です。」と娘に返され、ゲートに向かうのでした。
a0137192_10583263.jpg

お腹を壊しながらも飲み、食べ、よく笑ったメキシコ旅行でした。
a0137192_11104524.jpg

a0137192_11141923.jpg

a0137192_111508.jpg

a0137192_10202435.jpg

a0137192_10584838.jpg

(おまけ)
魔女は帰国後、発熱。仕事に行くもブッ倒れて点滴をして寝込んでいたようです。
[PR]
by mieko_0220 | 2012-08-25 11:19 | 旅行
メキシコシティから2時間バスで揺られてPuebla(プエブラ)にやってきました。強い陽射しに嫌な顔をする魔女。
a0137192_7584271.jpg

ホテルに着くなり、残金チェックをする魔女。キキがすると可愛らしいのですが、魔女は魔女でも60過ぎの魔女がするといやらしい光景です。
a0137192_9125581.jpg

お昼ご飯へ。プエブラはメキシコ郷土料理の発祥の地なのでタクシーの運転手に薦められた「チレス・エン・ノガダ」を食べることに。この料理は8月9月の料理らしくこの2ヶ月しか食べられないらしいです。レーズンや木の実、りんご、ひき肉が詰まっており魔女も満足の様子でした。
a0137192_833754.jpg
a0137192_83473.jpg

プエブラの町を観光。なんだかペルーのアレキパのような雰囲気があり、キレイな町並み。魔女もパシャパシャ撮影。
a0137192_875541.jpg

a0137192_854143.jpg

a0137192_865922.jpg
a0137192_871669.jpg

a0137192_873279.jpg

サントドミンゴ教会。とっても豪華な内装で、吸い込まれそうな感じ。あっちの世界に吸い込まれそうになりながらもお祈りする魔女。「神社じゃないから手をパンパンと叩いたらあかんよ。」と娘にアドバイス。
a0137192_813787.jpg

a0137192_8133175.jpg
a0137192_8134362.jpg
a0137192_8135239.jpg

少し歩いて休憩にカフェラテ。オープンテラスでやっと座れたことに幸せそうな魔女。
a0137192_8155022.jpg

プエブラの特産品のタラベラ焼のお店へ。お気に入りの柄探し。
a0137192_818121.jpg


夕方ホテルに帰ってホテルのプールへ!と魔女と娘は水着に着替えていざ出陣。室内プールと勝手に思い込んでいた2人、屋上のプールを見てビックリ。プエブラは朝5℃、日中35℃、夜15℃、山を見ると雪がまだ残っているほどなのです。
「こんなんに入ったら寒くて心臓止まる!」と魔女は水を触りながらプンプン。結局魔女はお気に入りの水着でトレーニングルームでウォーキングしたのでした。水着でウォーキングする魔女の姿、カメラに収められず。。。残念。

夕食。運動後のビールを飲み干し、幸せそうな単純な魔女。
a0137192_83519100.jpg

プエブラの夜の街をブラブラ。食べたばかりなのに途中ハンバーグ屋さんに立ち止って、よだれを垂らしそうな顔で眺める魔女。卑しいです。
a0137192_8381575.jpg

a0137192_8383466.jpg

a0137192_8385176.jpg

翌日、朝食後からお腹を壊し、トイレに駆け込む魔女。お昼に「お腹すいたな~」と言う娘に無言で睨みつけ正露丸を飲む魔女。娘はペンペコリンのお腹を満たすためホットケーキを注文。魔女は紅茶をすすりながらホットケーキを頬張る娘の姿を撮り「あんたはすごいわ!」と嫌味。
a0137192_942950.jpg

a0137192_858643.jpg

そして1泊2日のプエブラ旅行を終えてメキシコシティへ帰るバスの中、寝ている娘が目を覚ますとサッとホットケーキを隠そうとする魔女。娘のホットケーキの残りをむさぼる魔女をついに盗撮できました。
a0137192_94298.jpg


残すはメキシコシティのメインへ。
[PR]
by mieko_0220 | 2012-08-24 09:15 | 旅行
パレンケからメキシコシティへ。

到着後、預け荷物が1番初めに出てきたのをみて魔女は「こんなことってあるの!?」と感激の様子。
a0137192_8234218.jpg

メキシコシティのホテルに着くなり全ての服、下着にアイロンを当て、ダニ除去をする魔女。(パレンケでダニにやられたのがショックで悔しくて仕方なかったのでしょう。)
a0137192_8255331.jpg

魔女がメキシコ料理に苦しむことだろうと、メキシコシティのホテルはキッチン付きのホテルにしていたので、日本から持参したそうめんで魔女の胃を労ります。
魔女が腕を振るいます。そしてビールをグイッと飲み干します。正露丸を飲んでいてもビールは別腹のようです。
a0137192_8285912.jpg

a0137192_8303148.jpg

a0137192_8301587.jpg

食後、自分のカメラでダニにやられた部位を真剣に記念撮影する魔女。
a0137192_8314931.jpg


翌日、魔女はホテルでグーグーお昼まで寝ており。娘はメキシコ人とオリンピックサッカー「メキシコvs日本」の観戦しに町へ。ついでに市内を観光していると、たまたまプロレスラーと出会い、記念撮影をしてもらいました。
a0137192_8354917.jpg

少し眠った魔女はお腹の調子も復活したのか、「残すな!」の声に後押しされながらモリモリお昼ご飯を食べていました。
a0137192_8401178.jpg

その後、市内観光へ。「そんなに重くないやろ!何入れてんねん!」とツッコミたくなるほど後ろに倒れそうな魔女。そして「暑い暑い。」と冬用のシャツを着ながら弱音を吐く魔女。
a0137192_8501468.jpg

a0137192_9101320.jpg

目的地の歴史博物館に到着。「あの車に乗って行こうよ!」と甘える魔女。娘は「あかん!歩くで!」と。結局、権限は娘にあるため、歩くことに。
a0137192_9151548.jpg

a0137192_9153138.jpg

a0137192_9154182.jpg

到着後、歴史博物館の内容はスペイン語のわからない魔女は全く意味不明。なのに、なぜか楽しそうにはしゃぎまくる魔女。
a0137192_927834.jpg

a0137192_916771.jpg

a0137192_9191322.jpg

必要なものを出し忘れて荷物を預けてしまった魔女。「自分で取ってきーや!」というと、メキシコ旅行が決定してからやり始めたスピードランニングをメキシコに来てからもずっと耳にイヤホンをしながら勉強していた、その成果を発揮する時が!(ちなみにメキシコはスペイン語です。)

あまり英語の通じないメキシコ。落ち込んでいる様子の魔女ですが、ちゃんとモノは持ってました。
a0137192_10212932.jpg


ちなみにメキシコ国内線の飛行機の機内サービスで魔女は「ウォーター」と言って、「え?」と聞き返されると、魔女は「水!水!」と日本語で言ってるのです。ウトウトしていた娘はビックリして起きたら、客室乗務員が「ウォーター?」と、魔女は水をゲットしているのです。さすが魔女!ミラクルを起こしていました。ま、確実に言える事は「スピードランニング、魔女に必要なし」ということです。

国立人類博物館では、「アウストラロピテクスと一緒に撮って~」と、ガラスに張り付く不気味な笑みの魔女。なんとなく似てる気がしてなりません。
a0137192_9211045.jpg

色々な神様の展示を見て、大笑い。罰当たりな魔女です。
a0137192_927412.jpg

a0137192_9313380.jpg

警備員が記念撮影を撮ってくれるということでお願いすると「手を上げて!片手!」など指示があり、どんな写真になっているかと思ったら・・・こんなんでした。
a0137192_946390.jpg

国立宮殿や歴史ある郵便局を見学して1日が終わりました。
a0137192_947674.jpg
a0137192_1014029.jpg

a0137192_1021236.jpg


次なる地はメキシコシティから南にバスで2時間のところにある「プエブラ」!
a0137192_103131.jpg

[PR]
by mieko_0220 | 2012-08-23 10:11 | 旅行
夏休みを利用して魔女を連れてメキシコへ行ってきました。
a0137192_1044113.jpg

日本からサンフランシスコを経由し、飛行機で18時間ちょっと。魔女はチワワのホテルに着くなりポックリです。
a0137192_105532.jpg

初のメキシコ料理。辛さに驚く魔女。
a0137192_11245187.jpg

まずは世界遺産のパレンケ遺跡を見学するため、また飛行機でパレンケへ。

私がTVでオリンピック競泳男子リレーの決勝がやってるのをみて「見て!リレー決勝やで!」と言っても興味を示さない魔女に対して「興味ゼロやな。」と言うと。魔女は「何言ってるの!この人たちが着てる水着は私と一緒のメーカーなんやから!」と逆ギレ。意味がわかりません。

そんなお気に入りの水着に着替えてプールへ。
a0137192_10135554.jpg
a0137192_1014413.jpg

2日目はメインの遺跡見学です。日除けのシャツも着て準備万端ウキウキモードの魔女。
a0137192_1015274.jpg

遺跡到着後、魔女は40℃近くまで上がる気温と強い日差しに「ヒーヒー」と。5歩歩けば休憩の魔女。長袖のシャツなんて着てらないようです。
a0137192_10214067.jpg

いざピラミッド登頂へ!すると、「無理、むり、ムリ」と嫌がる魔女。「何言ってるん!?行くで!」と言うと、「一歩が前に進まない。」と泣きべその魔女。結局、魔女は木陰で休憩していました。
a0137192_1029483.jpg

a0137192_10291419.jpg

仕舞いには、「これでキレイなのを撮ってきて!」とカメラを差し出す魔女。結局、娘一人で登ることに。ジャングルの中の遺跡、とってもきれいで感動でした。
a0137192_10334379.jpg

撮ってきた写真をチェック。「これをみんなに見せて登って来たことにするわ!」と魔女。恐ろしすぎます。
a0137192_10442143.jpg

「よし、帰ろか!」この一言に魔女は元気満々に。アボカドを拾って嬉しそうです。遺跡見学する資格無しです。
a0137192_1039925.jpg

a0137192_10395534.jpg

帰宅後、魔女はグー。ま、60才過ぎのお年寄りですから仕方ないです。
a0137192_1041366.jpg

夕方、パレンケの町を散歩。なぜか魔女はハンター姿に変身です。
a0137192_103716100.jpg

夕食。「美味しい、美味しい」と喜んで食べる魔女。そして一口ビールを飲もうとしたビールにハエが溺れていたのです。。。その瞬間に食欲をなくす魔女。そして、その夜からお腹を壊す魔女。「あのビールを見たしや~。」と。
a0137192_1048021.jpg

a0137192_10481232.jpg

翌日、滝の見学へ。我々は水着に着替えて泳ぐ気満々。しかし、一歩水に入ってみるとあまりの冷たさに断念。みんなマジでタフです。
a0137192_116138.jpg

a0137192_1163622.jpg

魔女も嬉しそうに足をバチャバチャ。
a0137192_1165798.jpg

a0137192_1171442.jpg

続いては“アグア・アスル”という滝へ。あまりの壮大さに魔女も娘も感激です。
a0137192_1191939.jpg

a0137192_11154966.jpg

泳ぎもしないのに魔女はあまりの暑さに水着姿で記念撮影。魔女は「何も着たくない。」とずっと言ってました。60才過ぎているのに・・・
a0137192_11102328.jpg

a0137192_11122795.jpg

朝から紅茶しか飲んでいない魔女。またお腹を壊さないか心配しながらタマル(トウモロコシで作ったおやつ)を一口。魔女はタマルを気に入ったようです。
a0137192_11151794.jpg

マンゴにかぶりつく魔女。楽しい日々を送れたようです。
a0137192_11163485.jpg

翌日コテージのドアを開けてビックリ仰天!デカイ蟻さんの大群に部屋を包囲されていたのです。部屋には入っていなかったのですが、あまりの恐怖ですぐにチェックアウト。
a0137192_11192937.jpg

a0137192_11194261.jpg

a0137192_1120316.jpg

魔女は暑さにやられたパレンケでしたが、自然の中のリゾートホテルでのんびりできました。そして次なる地メキシコシティへ。
a0137192_11225363.jpg

[PR]
by mieko_0220 | 2012-08-21 11:34 | 旅行