ペルー記


by mieko_0220
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

トゥルーチャ祭

村人に送別会なんてものをやってもらいました。

ま、表面上は送別会なんですが、実は「ニジマス祭り」なんです。本日はリマからのお客様もご一緒に。

会場はニジマスの養殖場。みんなでお金を集めてぽっちゃりのニジマスを18匹も購入。(送別会だからっておじちゃんが6匹もタダでくれました。)
a0137192_002436.jpg

a0137192_005385.jpg

a0137192_075211.jpg

a0137192_081738.jpg

9時開始のはずが、いつものように2時間遅れの11時開始。そして、いつものようにジャガイモの皮むきから全てが始まります。ママさん達のウォーミングアップです。
a0137192_011682.jpg

a0137192_014189.jpg

金曜日なのになぜか学校お休み・・・子ども達もじっとニジマス料理が出来上がるのを今か今かと待ちます。
a0137192_02201.jpg

今日のメニューはセビーチェ デ トゥルーチャ(ニジマスのマリネ)、ニジマスとチーズの葉っぱ蒸し、ニジマスの塩焼き。村でこんなに油を使わなかったのは初めてかも。(油を使ったのは米を炊く時のみ。)

蒸し用に葉っぱを拾ってきて、塩焼き用に木の削り、まさにサバイバルゲーム。ニジマスのフライしか知らないママさん達も初めての調理法に楽しそう。遠火で炙るという事ができないママさん達、直火で焼いてしまって外が丸焦げ状態に・・・ま、そんなことはお構いなしで「ケッケケケ~」と笑いまくり。
a0137192_03237.jpg

a0137192_034181.jpg

ニジマスの塩焼き、いつか写真で見た東北地方の囲炉裏のよう。(よくわからんけど。)初めての焼き芋にもみんな感激の様子。
a0137192_05435.jpg

a0137192_055276.jpg

a0137192_04182.jpg

みんなニジマスを鱈腹食べて、お腹ポンポン。幸せのひと時を過ごしました。リマからのお客様にも楽しんでいただけたようで良かったです。
a0137192_062226.jpg

a0137192_0105372.jpg

Huayunga(ワユンガ)の人達、2年前来てすぐの時は、恥ずかしがり屋さんばかりでなかなか心を開いてくれなかったのですが、振り返ってみれば仲良しママさん達ばかり。最終日のこの日知ったのですが、同い年のママさんばかりでした。(Huayungaの一家の子供の平均人数10人。超子沢山です。)
a0137192_0112789.jpg

「じゃあ、またね。」とHuayungaにさよならしてきました。まだ帰国の実感が薄く、寂しさゼロでした。
[PR]
by mieko_0220 | 2011-05-30 00:12 | 活動

卒業遠足

カハバンバを去る前に友達と卒業遠足に行ってきました!

選んだ場所はHuamachuco(ウァマチュコ)にあるMarkawamachuko遺跡!(あんまり遺跡には興味がないのですが、みんなの押しに負けました。)

朝2時に起床、朝3時のバスで出発です!(それ以外に朝到着できるバスはないのです)

以前は4時間かかっていたのに道が舗装された為、2時間弱で到着してしまい、5時前の到着。予想外の展開です。

辺りはまだ真っ暗、その上極寒の中、明るくなるのを公園で待ちます。。。
a0137192_11384756.jpg

朝6時、遺跡へ向けて出発。途中でトラックのヒッチハイクに成功。「荷台に乗れ!」って・・・凍えながらも有り難いです。
a0137192_1139257.jpg

6時半、ピクニック開始。誰もいない観光地。本当に観光地なのか!?とみんなで喋りながらの山登り。キレイ景色が広がります。
a0137192_11403819.jpg

a0137192_1140126.jpg

a0137192_1150177.jpg

途中で朝食タイム。ギンギンに冷えた牛乳に冷たくなったパンとアボカド。そして今日の遠足の為に作ったイチゴジャム。景色は最高ですが、口が凍って噛み噛みできない程の寒さです。
a0137192_11411789.jpg

遺跡に到着し、やっと太陽も出てきてポカポカ。みんなのテンションも上がります。
a0137192_11423632.jpg

a0137192_11431375.jpg

a0137192_1144146.jpg

a0137192_11442821.jpg

私はというと土曜日の夜からの風邪で喉ガラガラ。喋っても声が裏返り、咳がコンコン。そして睡魔・・・そんな中の必死の観光。

帰りのバスはみんな爆睡。道路の舗装工事の為2時間もバスの中で待機。。。結局帰りは4時間半もかかって、てんやわんやの卒業遠足が終了。

ボケっとし過ぎて全員集合写真の撮影を忘れていました。。。
a0137192_11452310.jpg

残り行事も少なくなってきました。カハバンバを離れる日まであと15日。
[PR]
by mieko_0220 | 2011-05-26 11:50 | 旅行

湖にてニジマス釣り

みんなで湖にニジマス釣りに行ってきました。

カハバンバの町から車でブンブン山を登り、途中で薪を拾いながら、標高3900mの地点まで。
a0137192_2353420.jpg

a0137192_2343117.jpg

a0137192_237124.jpg

山の奥地を目指します。
a0137192_23105976.jpg

昼食用の薪をしっかり携えて。車を降りてから湖まで徒歩1時間ほど。 去年出会った子ブタちゃん達がスクスク成長してブタになってました。
a0137192_23698.jpg

a0137192_2364227.jpg

空が近くて痛いくらいの陽射しの中、みんなでテクテク歩きます。
a0137192_238478.jpg

a0137192_23121814.jpg

a0137192_2313579.jpg

a0137192_23133022.jpg

雷が落ちて真っ二つに割れたドデカイ石。
a0137192_2383025.jpg

ついに湖発見!この湖に来るのは4回目なのですが、今回は「近い」って感じました。きっと毎日の山登りで鍛えられた成果です!
a0137192_23101049.jpg

調子に乗って川を幅跳びで渡ろうとし大失敗。川に落っこちてずぶ濡れに・・・しかも靴に藻が絡まってしまい冷たい湖の水で洗うことに・・・情けないです。
a0137192_23145698.jpg

川に落っこちて遅れを取りながらもニジマス釣りに挑戦!浮きがなく沈んでいくエサ・・・ビニール袋を糸に巻き付けて待ちます。
a0137192_2315454.jpg

a0137192_23162656.jpg

結局一匹も釣れず撃沈。ニジマスの塩焼きの夢破れたり。

お昼はもしもの為に用意していた鶏肉とさつま芋を焼いて食べました!
a0137192_23174842.jpg

帰りはお迎えがなく、車が通ってくれることを祈ってたら市役所の車が偶然にも通りかかりカハバンバまで乗せてもらえました!ラッキーです。
a0137192_23181927.jpg

やっぱり何度来ても湖“Laguna la Chira”は素敵なところでした!いつかニジマス釣りのリベンジにまた訪れたいと思います。
a0137192_2317749.jpg

a0137192_2319823.jpg

[PR]
by mieko_0220 | 2011-05-23 23:22 | 遊び

講習会のはずが・・・

朝4時半のコンビ(ワゴン車)に乗って出発。

クッションの悪いコンビに揺られて2時間、朝6時半にやっと目的地の村Chichir(チチール)に到着。まだお月さんが。
a0137192_185839.jpg

いつもは車を貸し切って行くのですが、今回はコンビ。もしかしたら帰りが遅くなるかもしれないから危ない!ということで友達も付いて来てくれました。

極寒の中の朝食。あまりの悪路で牛乳がミックスされ過ぎて、バターができてました。
a0137192_18595686.jpg

a0137192_1902289.jpg

朝9時開始の最後の講習会まで早く太陽の光よ来い!と祈りながら待つこと数時間。
a0137192_1914039.jpg

ところがどっこい、誰も来ません。

仲良しのお母ちゃんの家へ行くと「ん?26日に変わったよ。」と・・・聞いてないし!ま、電気もないし、電波もないし伝達方法がないので仕方ないのですが。

ということで、今日は村に散歩しに来ただけとなりました。

蒸しパンを作って、お昼ご飯をご馳走になって、赤ん坊と遊んで、、、初めて来た時にはこの赤ん坊はまだお腹の中だったのに。
a0137192_1925699.jpg
a0137192_1934573.jpg

1年半前に1泊2日でこの町に野菜の種を配りに来たのですが、その野菜達がこんなに立派に育ちました!しかも頂いちゃいました!
a0137192_1941841.jpg

a0137192_1945074.jpg

a0137192_195232.jpg

そして2時半、別れの時。なぜかお母ちゃん涙目に。2年間のことを思い出してしまいました。良い人達にめぐり会えたことに感謝です。
a0137192_1962132.jpg

「コンビが通るから!」と出発。大好きな景色を眺めながら、友達とお喋りしながら歩き続け1時間半。コンビがやって来ました!(朝1便、夕方1便しかないんです。)
a0137192_1965137.jpg

a0137192_1981327.jpg

コンビを停めようと手で合図したのですが「満席」と言われ、停まらずに大量の砂埃を舞い上げて走り去って行きました・・・私達、頭真っ白。
a0137192_19145242.jpg

カハバンバまであと何時間???二人で「あそこ。」とカハバンバを目指します。
a0137192_19142466.jpg

とにかく車が通る道まで山を下ることに。辺り一面小麦畑。7月、8月の収穫に向けて黄色に。景色がキレイで飽きないことだけが救い。
a0137192_19111040.jpg

a0137192_19113451.jpg

a0137192_19165075.jpg

友と「魔女になって飛べたらな~」と言いながら3時間。やっと川まで辿りつきましたが、友は疲れ果ててリュックから顔を出す野菜達もしなしなに干からびかけ。。。
a0137192_19191978.jpg

辺りは真っ暗、蛍と満天の星空を眺めながら、やっと車が通る所まで到着。

それから30分歩き、「もう無理!」と座って車を待つこと20分。ヒッチハイクに成功!なんとかカハバンバに到着できました。本日は4時間半。でも帰ってこれて良かった~。

最後の講習会でChichirの村人と会えず、メッチャ疲れたけど、仲良し母ちゃんと一日遊んで、大量の蛍と満天の星を見れて満足でした。
a0137192_19203870.jpg

[PR]
by mieko_0220 | 2011-05-21 19:26 | 活動

目指せ!蒸しパン博士

毎日楽しんでます。

連日の山登りで足も体力も限界に近づいてきている今日この頃。日曜日まであと1日。今日も村へ講習会に。
a0137192_5325121.jpg

ん?う~ん。。。これだけ?という人数。村人たったの5人。「子どもの学校がない土曜日にしてほしい。」と言われて来たのに・・・ま、こんなことは日常茶飯事。数人でも集まっただけOK。

ということでグループワーク。識字率も低いので色や絵が重要。写真の教材、名前も書いてあるのに「何これ?」の連発。ま、いいんですが。
a0137192_5344944.jpg

a0137192_5352071.jpg

a0137192_5393438.jpg

最終的には結構理解してくれたようで一安心。

「では!」と、いきなり診療所の仲間が薄力粉と砂糖を出し、ママさん達もジュクジュクのバナナや卵、鍋などを出して・・・今日は蒸しパン作りの講習会もやるようです。

いきなり「蒸しパン作りの先生」って紹介され、いざ開始。こんな「いきなり」にも慣れました。蒸しパンにママさん達、超感動してくれて、家まで卵を取りに行って「もっと作ろう!」って。
a0137192_5402692.jpg

a0137192_5405995.jpg

a0137192_5412926.jpg

a0137192_542721.jpg

結局、お昼2時まで昼食抜きで蒸しパン作りを何度もしました。ママさん達にはシチュー作りよりも断然蒸しパン人気のようです。
a0137192_547161.jpg

帰国までには「蒸しパン博士」と呼ばれるように頑張ります。
[PR]
by mieko_0220 | 2011-05-16 05:52 | 活動

Primaveraへの過酷な道のり

アボカドとバナナの夫婦を訪ねて三千里。

本日の目的地は「Primaviraプリマベラ」という村。日本語に訳すと「春」。いつも日曜日に美味しいアボカドとバナナを売ってくれる夫婦の家のある村です。

朝3時半起床。まだ真っ暗の朝4時のコンビ(ワゴン車)に乗って出発。

約2時間、6:30「Shitacochaシタコッチャ」という村に到着。ここから目的地のプリマベラまでの交通手段は徒歩のみ。
a0137192_20172854.jpg

「プリマベラのペドロ・ロドリーゲスの家はどこ?」と会う人、会う人に聞きながら。(もちろん住所はないので。)プリマベラは渓谷の麓にあるらしい。
a0137192_20175554.jpg

朝ごはんを食べて、7:30いざ出発。

壮大な風景。渓谷に囲まれ、圧倒。人も車も何もなく、風の音と鳥の鳴き声のみ。カハバンバの町の山を越えたところにこんなデッカイ自然が広がってるとは・・・
a0137192_20182330.jpg

a0137192_20184527.jpg

山を下って約1時間、「Primavera」の看板。「お~着いた!?な~んや、近いやん!」と余裕で歩を進めていくと驚きの光景。え!?集落らしきものが一切見当たりません。
a0137192_20192717.jpg

a0137192_2019385.jpg

少し歩を進めてみると、遠くに集落らしきものが見えました。近く感じるんですが、あの遠くに見えるクネクネ道を歩いて行かなければならないようです。
a0137192_20201635.jpg

とにかく谷の下まで下りないと行けないらしく、どんどん下っていくと、川発見。あまりのキレイさにビックリ!はしゃぎまくりです。
a0137192_202119.jpg

a0137192_20212582.jpg

a0137192_2022165.jpg

そして、山を登り、また下ってまだまだ歩きます。放し飼いの牛に出会うだけで誰もいない道。とにかく目指すは集落。あそこから下ってきたのです。
a0137192_20225635.jpg

やっと、やっと到着。玄関は木が横になっているだけ。今は2011年でフジモリ・ケイコの大統領選をしているというのに、おっちゃんは2000年のフジモリ元大統領のTシャツを来てお出迎え!
a0137192_20232065.jpg

a0137192_20234938.jpg

a0137192_20241138.jpg

時計を見たら10時30分。3時間の道のり。ちなみに帰りのコンビ(ワゴン車)はシタコッチャを15時00分に出発します。持ち時間は約1時間半。

バナナとパッションフルーツのジュースをご馳走になり、少し休んだら、すぐに収穫開始。
a0137192_20244181.jpg

バナナ、みかん、レモン、アボカド、パパイヤ、豆畑。迷子になるほどの大きな畑。
a0137192_20333278.jpg

a0137192_2027232.jpg

a0137192_20254238.jpg

a0137192_20312051.jpg

a0137192_20315791.jpg

a0137192_20324374.jpg

コーヒーまで。
a0137192_20291619.jpg

a0137192_20274332.jpg

おっちゃんはどれが美味しいかわかってて、次々に収穫していきます。マジかっちょいい。私はみかんにかぶりつきながら後を追うのみ。楽し過ぎます。
a0137192_2034993.jpg

アボカドも沢山。「セニョリータの好きなアボカドはこの木」と。いっぱい採ってくれました。
a0137192_20352217.jpg

トイレは?・・・その辺で。手洗いは・・・川で。鼻水・・・葉っぱで。。。100%に近い自然だけの生活。
a0137192_2036649.jpg

a0137192_20364148.jpg

奥さんが時間のない私達に大慌てでお昼ご飯をご馳走してくれました。大量のジャガイモに干し肉の炒め物。しかもてんこ盛り。
a0137192_20371920.jpg

急いで食べて記念撮影して、「ありがと~またいつか来るから~」と、予定よりも30分遅い12:30分においとま。
a0137192_20375288.jpg


ここからが勝負!せっせと無言で登ります。とにかくコンビがなくなってしまったら帰れないんです。

日蔭のない日中の強い陽射しの中、黙々と登り、やっとの思いで川に到着。少し息を整え、持っていた500mlの水を半分ほど飲み、再び出発。ここで私は友のスピードに着いて行けず、友にはコンビを引きとめてもらうため、先に行ってもらいました。

が・・・その直後、てんこ盛りのお昼ご飯を食べたせいか、照りつける太陽のせいか、一回目の嘔吐。誰もいないし、誰も助けてくれないし、とにかく前に進むしかない。と前へ前へ自分との戦いです。

次は足の痙攣。座ったら立ち上がれなくなりそうで、踏ん張りながら痙攣が治まるのを待ち、また一歩一歩前へ進みます。

日蔭のないクネクネ道、顔面を太陽が照りつけ、頭痛。その上、水も尽き果てるという最悪の事態。

立ち止まって、座り込んで、「迎えに来てくれ~」って頼みたいところですが、なんせ誰もいないし電波なんてあるはずもなく。とにかくゆっくりでも一歩ずつ進むしかなく、死にそうになりながらも山の頂上に到着。

そこに犬を連れたおじちゃんを発見。その瞬間、2度目の嘔吐。おじちゃんビックリして背中をさすってくれ、水まで飲ませてくれます。

おじちゃんに「あとどれくらい?」と聞くと、「あと1時間ちょっと。」と。私「もう無理。」「死ぬ。」「疲れた。」こればっかりを繰り返して、その都度おじちゃんが水を与えてくれ、2人と1匹でシタコッチャを目指します。

おっちゃんはもう喋れない私にずっと話し続けます。「神がセニョリータを助けてくれたんやな。」と。私は力を振り絞って「あんたがうちの神さんでっせ。」と。マジ神さんに見えるほどの優しいおじちゃん。
a0137192_20411582.jpg

陽が沈みかけ、やっと体力も回復し、そしてシタコッチャに16:30に到着。3時間45分の道のり。あまりの疲れと頭痛に地面に倒れ込みグッタリ。
a0137192_20421086.jpg

友は15:55に到着したらしく、(しかも友も嘔吐したらしい。)結局コンビには乗れず、朝4:00まで待つことに。。。

お土産にもらったバナナがリュックの中でグチュグチュになり大掃除。
a0137192_20431785.jpg

a0137192_20434316.jpg

日中あんなに暑かったのに夜は冷え、道にあった火でパンを温めながら食べ、牛乳を飲ませてもらい、コンビの運転手さんの家で泊まらせてもらいました。(なんせ泊まるところないので。)ホント、みんな良い人ばかり。
a0137192_2044342.jpg
a0137192_20445322.jpg

プリマベラへの道のりは自分の限界を見て、そしてその限界を越えた気がしました。今までで群を抜いてキツイ1日でした。でも、いつかまた遊びに行きたいです。
a0137192_2046160.jpg

[PR]
by mieko_0220 | 2011-05-14 20:46 | 遊び

フルーツ狩り

友達の畑にフルーツ狩りに行ってきました!

5月は雨期も終わり緑も花もフルーツもいっぱいで日本の春みたいです。気持ち良い季節がやって来たと同時に花粉症の季節も到来です。

a0137192_1739022.jpg


朝から花粉症の薬を飲んで、マスクでガッチリ花と口を守り、作業用手袋に首にはタオルを巻いて準備万端。

フルーツ狩りが始まり木に登りフルーツを採りながら食べて幸せ。
a0137192_17394317.jpg

ニスぺロ。ペルーのビワです。日本のより小さくて中身は白。甘さ控えめで美味しいです。
a0137192_1740012.jpg

a0137192_17401832.jpg

グラナディージャ。ツメでバリバリと割れて、甘くて超ウマイです。種ごと食べちゃいます。
a0137192_1740452.jpg

a0137192_17411512.jpg

a0137192_1741338.jpg

トゥナ。サボテンの実。中身が真っ赤だったり、黄色だったり、甘い果物。種が硬くて気になりますが、飲み込んでしまいます。
a0137192_17415661.jpg

幸せだな~と感じていたのですが、、、ところがどっこい、途中からくしゃみが止まらなくなり、目が腫れあがり、喉が腫れイガイガ、鼻水ダーダー、死にそう。カハバンバの花粉、恐るべし。

雑草に囲まれた畑に雑草アレルギーを持つ私。涙は止まらず、くしゃみの連発。ペルーではくしゃみをしたら「サルー」と言われ、「グラシアス」と言わなければいけません。あまりのくしゃみの数に途中からみんなほったらかし。

お昼ご飯は鶏肉のホイル焼き。さつま芋とかユカっていう芋を焚火の中に放り込んで出来上がり。くしゃみが続く中のお昼ご飯。
a0137192_1743757.jpg

a0137192_17433394.jpg

a0137192_174401.jpg

フルーツもいっぱい食べて満腹。さて、帰ろう!という時に私の身にアクシデント発生。

右足捻挫。これから帰国までの行事が頭を過ぎり焦りましたが、大したことなくて良かった。しかも私だけ荷物運び免除で1時間半の道のりを帰宅。
a0137192_17443276.jpg

帰国までの間、あまり調子に乗らないようにしようと思います。
a0137192_17445376.jpg

[PR]
by mieko_0220 | 2011-05-12 17:47 | 遊び

弟と妹ができました

今更ですが、ペットにブタを購入しました。

日曜日に子ブタ探しに行ったのですが、牛ばかり売られていて断念。
a0137192_6493012.jpg


そこで村の仲良しのおっちゃんに聞いてみると「生後1ヵ月半の子ブタがいる。」と。今日は子ブタを求めていっぱい歩きました。
a0137192_6503135.jpg

そして、ついに子ブタをGET!

命名:武蔵(むさし)(オス) 
由来:バガボンドの武蔵みたいに強く。(本当は「たけぞう」にしたかったのですが、呼びにくいらしいので断念。)ま、こっちの人は「むしゃし」って言ってしまうんですが。
a0137192_6505776.jpg

命名:さくら(メス) 
由来:鼻がピンク色で日本の象徴、桜のようだから。(本当は「おつう」(バガボンドの)にしたかったのですがあまりのギャップとこっちの人「つ」が言えないので断念。)
a0137192_6512472.jpg

(注)もちろん、この子達が大きくなっても食べません。

あとちょっとで帰国なのですが、おっちゃんと2人で飼い主になりました。私の留守の間、おっちゃんが育ててくれます。もし、この子達が子どもを産んだら、その子ども達は食べてOKということに。

私は武蔵とさくらの飼い主なので、いつかこのカハバンバにまた帰って来ないとダメ。そして、日本に帰ってもおっちゃんと「いつも武蔵とさくらは元気?」と連絡を取り合わないとダメなんです。だって、「きょうだい」ですから。

そして、私がこの村に帰って来た時にはこの子達の子どもを食べよう!と約束しました。

ちっちゃい時、ミニブタを飼いたいな~って思ったことがありましたが、帰国までの少しの間、ミニブタを育てるという夢が叶いました。(大きく成長するらしいですが、あと1ヵ月はミニブタですから。)

私のきょうだい、マジでカワイイっす!!!(全くなついてくれませんが・・・)
a0137192_6552719.jpg

[PR]
by mieko_0220 | 2011-05-11 07:01 | 生活

カレーを作りに山登り

友達と一緒に村へ行ってきました!

実はカハバンバの人は村に行く機会もなければ交通手段もないのであまり行けないんです。ということで、招待してみました。(村のことなら市役所の人より日本人の私の方が知っていたりする為、案内役をすることも。)

大自然の中の山登りに喜ぶ友。
a0137192_2021275.jpg

a0137192_2005379.jpg

a0137192_2011023.jpg

本日の目的は村人にカレーライスを振舞いに!友は強力な助っ人なんです。

シチューもカレーもハヤシライスも作っている助っ人はテキパキと野菜を切ってくれます。
a0137192_2014139.jpg

その間、私はママさんの家を探検。

石でニンニクやロコト(ペルーのトウガラシ)などをすり潰す「バタン」。本当にあっという間にすり潰され、石なのでニンニクの匂いも残らず素敵な調理器具。
a0137192_2023645.jpg

ママさん達の手に掛かれば、難しい火起こしもあっという間に。「ふー」ってやれば「ボッ」と火が・・・この技術、習得して帰りたいと思います。
a0137192_203373.jpg

150匹を越えるクイ、可愛らしいウサギ、いつも寝てるブタもいます。まるで動物園!もちろん全部食べるためなんですけどね。家庭菜園もあり自給自足の生活。
a0137192_203351.jpg

a0137192_2035695.jpg

そして興奮したのが鶏。いつも決まった場所に卵を産む雌鶏。そして産んだ後は「コーコッコッコッコー」って鳴いて「今卵を産んだぞ~」って知らせるんです。家の色んなところで「卵発見!」とまだ温かい卵に大興奮です。
a0137192_2051197.jpg

a0137192_2043896.jpg

a0137192_2071161.jpg

a0137192_2074288.jpg

毎日新鮮な卵が食べれて、いつか鶏肉も食べれて。。。急に日本で鶏を飼いたくなってしまいました。

そんな新しい夢を見ているうちに、カレーライス完成!
a0137192_20103612.jpg

a0137192_2082319.jpg

a0137192_2084695.jpg

村人も茶色い変な食べ物に笑いながらも食べてくれました。助っ人の差し入れのヨーグルトも大好評でした。
a0137192_2091165.jpg

a0137192_2094117.jpg

a0137192_20101399.jpg

電気もない村だけど、やっぱり村は新しい発見ばかりで楽しいです。
[PR]
by mieko_0220 | 2011-05-08 20:13 | 活動

夢のニジマス塩焼き挑戦

ニジマスの塩焼きをするため「ニジマス買いに連れてって~」って仕事場の人にお願いしてバイクで約30分の村へ連れて行ってもらいました。

ニジマスの養殖場は山の上にあり、大自然のデコボコ道を駆け抜けます。
a0137192_6284664.jpg

a0137192_630936.jpg

ニジマスの養殖をやってるおじさん。もうかれこれ2年の付き合いですので、いつも「よく来たセニョリータと抱きついてきて、今日は何匹?」って大歓迎してくれます。
a0137192_6323313.jpg

網でニジマスを集め、大きなのを厳選してくれます。
a0137192_631430.jpg

a0137192_6314137.jpg



本日はニジマスの塩焼き。これもずっと前から絶対にやりたい!って思ってた一品。

みんなに内臓は取ってから焼いて。とお願いされ、内臓を取ったらなんだかぶらんぶらんになってしまいましたが、クイよりも良い感じ。そして何よりクイよりも断然早い。
a0137192_6384584.jpg

ニジマスの塩焼きはポン酢(レモンと醤油)で。

そして、ニジマスの蒸し焼き。ホイル焼きならぬ葉っぱ包み焼きはチーズとトマトを入れたらイタリアンチックに。
a0137192_640512.jpg

a0137192_6372962.jpg

クイの時よりもみんな大絶賛。意外にも塩焼きが大好評で、「一人一本しか食べれないの~?」というほど。

調子に乗った私はタイマー写真を撮ろうとし、下の写真後、ニジマスの半身を落っことしてしまい、友から4分の1のニジマスを奪い取ることに。。。反省です。
a0137192_6421362.jpg

やっぱり魚は旨いっス。そして塩焼きはホッとする味っス。
a0137192_6435882.jpg

[PR]
by mieko_0220 | 2011-05-06 06:47 | 生活